カテゴリー別アーカイブ: 日常

Wifi内蔵SDカード「flucard PRO」を使ってみた

最近規格策定とかで盛り上がりつつWifi内蔵SDカードですが、
この分野では昔から有名なEye-fiカードが欲しいなー などと思っていたけど、
写真を全部取得してからダウンロードしないといけないとか、メインはサーバーアップロードだったり、
そのまま直接iPhoneに取り込んだりしたいなーといった要望にはいまいちマッチしなかったのですが、
密かにEye-fiとか東芝のSDカードの裏で、シンガポールのTrekという会社からflucardとかいう無線Wifiカードが出ていたので購入してみました。

このflucard、日本ではプラネックスが代理店として販売しているみたい。
マニュアルもファームウェアもばっちり日本語化されていて良い感じです。

購入したのはNTT-X Storeから。
Amazonでも8GBのタイプが最安値で5,980円だったのですが、
会員価格で4,268円。しかも送料無料でした。在庫僅少らしいので、欲しい方はお早めに!

なによりこのSDカードで嬉しいのは、ブラウザやiPhoneなどのクライアントが用意されていて、
そこから欲しいファイルだけサムネイルで選んでダウンロードできること。
これはかなり良いポイントですよ。

パッケージはこんな感じ。

青系のなかなかすっきりしたパッケージで好感持てますね。

早速使ってみたいところですが、
最新のファームウェアアップデートでWPA2対応や、RAWファイルへの対応もしているようなので、
安定感という意味でも先にファームウェアアップデートしてみました。

まず、カードをカメラに刺して、再生モードにします。
ここで特異なのは、再生すると出てくる画像ファイルを削除(!)して操作するとのこと。
以前はDPOF指定して振ったりしても操作できたみたいなんですが、最新ファームではなくなっていました。

↓のような画像が出てくるので、この画像を削除します。

ここで注意したいのは、再生モードにしてすぐだと削除してもモード起動しなかったりします。
ビープ音がするので、それが鳴り止んだら削除するとちょうどいいみたい。

失敗しても、電源入れ直したりカード抜き差しすれば画像復活するので、その辺で何とかします。

ブラウザで「http://flu.card」か「http://192.168.1.1」に接続すると、設定画面が表示されるので、
ファームウェアのバージョンを確認して、古かったらアップデート。
(ネットワークのIPがカブってると表示されないので注意)

アップデート方法は、
PCのSDカードを接続するとNO NAMEのありがちなSDカードフォルダが出てくるので、
そこにサイトからダウンロードした最新ファームウェアを解凍した内容をルートディレクトリにコピー。
SDカードを抜いたら、カメラに挿しなおして放置すると、昔のゲーム機のゲームオーバーみたいなビープ音がずっと鳴り続けるので、鳴り終わったらアップデート終了です。だいたい2〜3分くらい。
(カメラの電源が切れると失敗するので、オート電源オフは解除しておくように!)

アップデート完了して、再度設定・画像閲覧の画像を削除して接続して、設定画面が表示されればOKです。
設定では、APのSSIDとパスワードを変更しておきました。

サーバー自動アップロードの設定もできるのですが、私はその方法ではあまり使わない予定なのでその辺は放置。

今度はiPhoneのWifi設定で先ほど設定したSSID&パスワードで接続したら、
事前にダウンロードしておいた「flucard download(Lite)」アプリを開いたらすぐサムネイル一覧が出てきて、
さくっとダウンロードできました。

アプリはこのほかにもiPhone、Android、Windows、Mac向けに出ているのですが、
他のは全部有料(250円とか)なのが残念・・・

まあ、必要に応じて他のアプリもダウンロードしてみようかと思います。
ちなみにiPhoneのflucard downloadのLiteと有料版との違いは、いっぺんに複数ダウンロードできるかの違いらしいです。

あとは直接Flickrにアップロードできるアプリも気になる所。

ちょっと使ってみた感触ですが、なかなかいい感じです。
若干人柱感ありますが、安いので買ってみて損はないかと!

最後にGF1で撮って、flucard経由でアップロードしたテストショットでも乗っけておきましょうかね。

渋谷のシェアサイクル「cogicogi」を借りてみたよ

以前に会社の近所のビジネスホテルの脇に、白い自転車がたくさん停まっていて、
ナニコレーと思ってたらパンフレットが置いてあって読んでみたらなかなか気になったので利用してみたの回。

今回利用したのはシェアサイクル「cogicogi」
サービスのサイトはhttp://cogicogi.jp/

極端に言えばレンタサイクルなんですが、
普通のレンタサイクルと何が違うかといえば、
・渋谷、表参道、恵比寿エリアなど、あちこちに拠点がある。
・そのそれぞれの拠点に乗り捨てができる。
・30分まで無料
それだけならまだそこまで惹かれないかなー、な感じなんですが、
なんといっても
電動自転車!(しかもYAMAHAのPAS!・・・だったと思う)

これは利用してみたい!と思いました。思いますよね?
エリアはマップはサイトに。(詳細地図見れないけど・・・パンフレットが詳しいです。)

まず利用手続きに、渋谷グランベルホテルへ。

ここはホテルのフロントなのですが、どうやら会員登録手続には慣れていない様子。
棚からマニュアル(手描き?!)を取り出してきて、読みながら作業してました。

まず、料金に関しての説明があります。
登録料が735円。これは1回きりです。
また、月会費が525円。
利用するときは30分まで0円、以降1時間ごとに100円とのこと。

拠点ごとに上手く乗り継げば、1回30分以内で済むんじゃないでしょうか。
お昼休みくらいなら行って帰って1時間程度でちょうどいいかも。

店頭での登録にはおサイフケータイが必要です。
そうでない場合はサイトから登録できるらしいですが、これは利用カードの到着(1週間程度らしい)を待つ必要があります。

おサイフケータイですが、ここで罠が。
おサイフケータイでURL接続をして、会員登録をするのですが、
どうやらこれはガラケー専用みたい。

手持ちのAndroidおサイフケータイ、DM009SHをかざしてみたら、
「対応端末ではありません」と出てしまいました。

たまたまAngel Browser(UserAgentを偽装できるブラウザ)を入れてあったので、
その場で即座にSoftBank携帯のUserAgentに変更して、事なきを得ましたが。

サイトの登録内容は、基本的な個人情報と、クレジットカード情報。
各種利用料等は、ここで入力したカードから引き落とされるようです。

利用カードがEdyつきなんだから、そこから支払えればいいのに・・・とか思いましたが。

会員登録には結局10分程度かかりました。
慣れてる店員さんならもっと早いと思います。

会員登録が完了すると、会員カードをお店の端末にかざして、鍵が渡されます。

特に自転車に関しての説明はなかったです。
ちょっと鍵を指す位置がわからなくて焦りましたが・・・
特に停める場所についても言われませんでした。ただ、盗まれないように・・・

乗ってみた

さて、自転車が無事動かせた所で出発。

目的地は代官山のサブウェイ。

渋谷の南側よく来る方は解ると思いますが、あのへんは坂が多く、しかも急坂が多い。
でも、電動自転車なかなかのハイパワーで、ほとんど坂を意識することなくスイスイ走れました。

結構寒い日だったのですが、すごく気持ちよく走ることが出来ました。

下り坂とかはちょっと怖いくらいでしたが・・・

基本的に自転車は3段変速(それ以上動かしてないのでもしかしたらもっとあったかも?)、
電動自転車の操作で「オートエコ・標準・強」がありました。

特に長距離乗るわけではないので普通の道や下り坂は標準、上り坂は強。
特に踏み込むとグン!とアシストされる感じですね。

↑は到着したサブウェイで購入した、サブクラブカードと、cogicogiの利用カード。

先程も書きましたがcogicogiのカードはEdy対応です。裏には問い合わせ先など書いてあります。

その後時間もあまりなかったのでそのまま戻って返却。

ホテルの客待ちがあったのでちょっと時間かかりましたが、順番来てからはカードを読み取って鍵を返しただけでスムーズでした。

一度登録してしまえば利用は簡単なので、拠点周辺の方は利用してみてはいかがでしょうか。