ソーシャルプラグインのアクセスUserAgentをまとめてみた

近頃流行りのソーシャルプラグイン。
Facebookのいいね!mixiチェック、GREEのSocial Feedbackとか。

これらの仕組みは、OpenGraphProtocolで指定された(独自拡張もあるが)
metaタグを、scriptタグやaタグのクエリで指定したURLを各ソーシャルサービス側から
読みに来て、その情報を読み取る、といった塩梅である。
つまり、その読み取る先のURLが認証がかかっていたりするとソーシャルサービスは情報を
読むことができず、ボタンを押してもエラーが帰ってきてしまう。

動作チェックしたいのに、テスト環境などで認証がかかっていたりすると困るかもしれない。
(というか困った。。)

そういった場合、各種ソーシャルサービスでは特定のUserAgentを付加して訪問してくるので、
そのUserAgentを判別して適宜情報を返すことで対処できる。

このUserAgentを判別するときに、Facebookとmixiはすぐに検索で出てきたのだが、greeが見つからず、
ログを解析するはめになった。
なので、下記に備忘録も含めて記載しておく。

facebook
facebookexternalhit/1.1 (+http://www.facebook.com/externalhit_uatext.php)

mixi
mixi-check/1.0 (http://mixi.jp/)

GREE
Gree Social Feedback/1.0
Gree Social Feedback(SP)/1.0

※GREEが2種類あるのはなんだろ??情報求むー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です