WindowsPhone7.5の開発をやってみよう!(2)

WindowsPhoneSDK7.1正式版出ましたね。

そんな訳で、普通に前に使っていたRCを削除後、普通にインストールできました。

今回は実機テストや公開に必要な手順、AppHubへの登録をしてみようと思います。

スマートフォンアプリ選手権の参加特典でAppHubの登録キーを手に入れたので、それを使ってみようと思います。

まず、http://create.msdn.com/ の今すぐ登録からフォームへ。既にlive IDを持っているのでそれを入力・ログインして進みます。

個人の方向で。

次のページの「個人の情報」ではひと通り個人情報を入力。
発行者名を別途指定できるのはいいですね。(iPhoneのApp storeで痛い目を見た・・・)

次のページではプロフィールに表示するアイコン。適当に選びます。
選択肢にSushiがあるのは日本リージョンだから?
(自分でアップできない・・・)

今回は利用コード頂いてるので利用コードの方にチェックいれますね。

アクティベートのメールもサクっと来てました。

メールアドレスの確認も忘れずに。

登録が完了するとこんなダッシュボードが表示されます。

ここまで完了したら、開発機へ。

スタートメニューWindowsPhoneSDK7.1 > WindowsPhoneDeveloperRegistrationを起動。

zune softwareで、先に実機との接続を確立しておくのを忘れずに。
あと、実機の画面ロックがかかっていると怒られます。

しばらく待つと、正しく登録されましたと出ます。

で、完了ボタンがあるべき位置に登録解除とかあるのはなんなんですかね。。

そんな感じで登録すると、SDKから転送可能に!

見事、前回のエントリで書いたテストアプリが実機で動きました。

準備も整ったことだし、本格的にアプリコンテストの作品作り始めましょうかね!

「WindowsPhone7.5の開発をやってみよう!(2)」への2件のフィードバック

  1. はじめまして!
    ボクもWP7のソフトウェア開発してみたいなーと軽い気持ちで検索してて辿り着きました。
    ぴこぴこ見にきます~

  2. >おもち さん
    コメントありがとうございます!
    ぴこぴこ更新できるよう頑張ります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です